投稿日:

消費者金融への返済が困難になったら任意整理へ

収入証明書なしで借りやすい消費者金融のカードローンだからと言って何度も繰り返していると後が大変です。必要な分だけ必要な時だけと言う心構が大切ですが、簡単に借りられるためつい使い過ぎてしまう事がありました。

もし後で返済が困難になり何か月も滞納すると言った状況に追い込まれてしまった場合、任意整理すると言う解決策があります。任意整理では過払い金が多いほど借金が減ると言う特徴があります。

しかし現在では利息制限法の上限金利以上でお金を貸している消費者金融は無く、過払い金も発生しない状況です。そんな時でも将来利息がカットされ、3年での分割返済ができると言うメリットがあります。

借金額が多い時は将来利息分だけでも結構大きいので、任意整理の手続きを進める判断材料となります。さらに遅延損害金もカットされる事が多いので、返済できずに遅れている方にもメリットが大きいです。

その代わりに個人再生や自己破産と比べると借金はあまり減らないです。

 

保険などで借りる時は記述内容をよく確認

心配掛けたくないと望む時には、保険などが検討される事もあります。民主委員などに相談をして、どこかで契約しようと考える事もあるでしょう。しかし保険商品などを利用するにしても、まとまったお金が求められる事も多いです。毎月払う保険料が、やや高くなる事もあるからです。

そういった局面では、借金をする選択肢もあります。借りる事によって、目先の保険料を支払えるケースもあるからです。したがって借金は、日常生活では意外と重要なのです。

ただし業者から借りる時には、記述内容の確認が望ましいです。そもそも貸付会社などは、様々な書類を発行してくれるでしょう。そこに書かれている記述を具体的に確認する事により、様々なトラブルも回避できる傾向があります。

また内容を確認する事で、日頃から注意すべき点も、色々と学べる傾向があるのです。大抵は公式サイトにルールが明記されていますから、できるだけよく読んでおくと良いでしょう。

 

無職でも借入は可能なのか

無職でも貸してくれることはあります。借り入れるときの利率が上限目一杯、となることがあるでしょうが、それでも十分に借りることができます。

借入をすることに関して規制があるのは総量規制になります。ですから、それ以外は別に貸しても良い、ということになります。これはどんな県であろうと同じです。

東京都であろうと千葉県であろうと神奈川県であろうと国法ですから、適用されることになります。無職では借りることができないことが多いのは貸金業の法律である、貸金業が適用されることになるからです。

ですから、銀行系であれば貸してもらえるようになります。では、返せなくなった時にはどうするのか、ということもあるでしょう。

一昔前のぶっそうな話では生命保険で、となるような話もあったのですが、今はそんなことはないですし、そもそも銀行系の場合は取り立て自体も企業イメージを意識して強引ではないのです。その点においてはそこまで心配することはないでしょう。